グループ航空大学「Cebu Mactan Campus」を拡張しました!

現在、3校(カビテ校&セブ校&クラーク校)ある当学グループ校の内の「FDSA航空大学:セブ・マクタン校」で拡張による引っ越しが間近に迫りました。航空関連シニア・ハイスクール・コースに多くの学生が入学を希望してきた為に拡張を余儀なくされました。此の拡張に続きまして、現在、カビテに新築予定の新規航空大学設立プロジェクトを始動させます。

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

日本国内の医療法人様が「介護士養成 日本語教育」で弊社をご視察なされました!

昨日は、日本国内の複数の医療法人様が「介護士養成 日本語教育案件」で弊社をご視察なされました。此のグループの内のお一方様は、元鴻池運輸子会社でセブ・ドクターズ大学と提携しながら多くの日系人方々を教育し、日本の介護施設へご紹介した実績を持つ方です。今後の提携に期待致します。遠いところご視察をありがとうございました!

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

NTT ドコモ アジア様とのAI日本語教育実証実験

本日は「NTT Docomo」の事業開発拠点シンガポールから弊社視察にお越し頂きました。現在、開発中の「AI最先端技術を駆使した言語教育」での実証実験を弊社がご協力させて頂く方向になりました。ありがとうございました!

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

サマークラス案内 : FDSA Aviation College of Science and Technology INC.

FDSA Aviation College of Science & Technology Inc. Is open for Summer Class 2019.

Enrollment for Summer 2019 Starts on April 10-13, 2019.

Classes start on April 22, 2019.

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Tesda国家資格「コンタクト・センターNC2コース」を追加!

此の度、当学内にTesda国家資格「コンタクト・センターNC2コース」を追加しました。Tesda検査も無事に終わり、認定証が届き次第に授業をスターさせます。卒業後の国内就職先も確保済みです。学生には、是非頑張って欲しいと思います!(現在、当学では就職率100%を誇っています。)因みに完全無料コースです!

 

 

 

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

日本語科・今年の第一組が入校しました!

当学「日本語科」に、今年の第一グループが入学しました。

男性 6人は「造船溶接実習生」・女性陣は「フィリピン航空」からの入学です!来月は10人追加入学して参ります。

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

当学グループ大学の「フライトアテンダント養成科」です!

当学グループ大学の「フライトアテンダント養成科」です!

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

FDSA航空大学(セブ校):第27回目の卒業式でした!

先日は、当「Hisada Institute Inc.」関連校「FDSA航空大学(セブ校)」の第27回目の卒業式でした。

主な就職先は、ルフトハンザ航空・シンガポール航空・中東の各エアーライン・各空港や一般企業です。

FDSA航空科学技術大学(クラーク校)は、4月5日が卒業式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

フィリピン 日本語学校 / 日本語教育 / 日本語講習

当学の日本語教育科です。

* フィリピン政府 TESDA 日本語教育校認定番号:201704210243

ご興味お有りの方は下記をクリックしてご参考下さい。⇓

日本語教育科(PDF)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

在東京フィリピン大使館「特命全権大使ホセ・C・ラウレル五世」訪問!

昨年暮れ(平成30年12月18日)、私たちフィリピンエキスポ実行委員会は、フィリピン共和国特命全権大使ホセ・C・ラウレル五世閣下への表敬のためにフィリピン大使館を訪れました。

訪問メンバーは、鈴木信行委員長、益岡利光副委員長、黒木天彦事務局長、勝又洋委員、藤田好英委員、マリアルイーサ近藤女史の6人です。

大使館では、大使閣下ほか、第1書記官兼領事で文化部のチュウア女史に陪席していただきました。

大使より、戦前戦中戦後の日比の友好親善活動を中心に、ご祖父の第2共和国大統領ホセ・P・ラウレル閣下や、ご尊父であられ帝国陸軍士官学校に留学された元駐日大使のホセ・S・ラウレル三世閣下のお話を賜り、一同深く感動いたしました。

大使ご自身も「私は幼少期に日本で暮らしていまして日本語をほぼ理解しています」とおっしゃられたように、大親日家の家系にお生まれになって、これまでYKKフィリピン会長、トヨタバタンガス会長など多くの日系企業のフィリピンでの活動にご尽力されました。

「私は今迄フィリビンの政治、法律、社会の発展に貢献出来るように働き続けてきましたが今後は直接にフィリピン国民の心の平和に貢献出来るように働きたいと思っています。」
とおっしゃられ、新時代を迎えた日比の関係において、ラウレル閣下が着任されたことは、両国民にとってこれ以上の幸せはありません。

また、大使閣下は「(フィリピン-日本の友好関係を)もっと深める為にはハーフの協力無しでは進まないと思います。ハーフは両国の文化や思考の中育っているので彼ら彼女らの協力でより深い友好関係に繋がると考えています。」と日比ハーフの方々への大きな期待を持たれていることも、私たちが大いに感動いたしました。

大使閣下は、特に両国の国民が安らげる環境作りは、互いの文化、思考を理解し尊敬する事からである、とお考えになられていて、私たちのフィリピンエキスポに関しましても、
「私に許可出来る範囲で皆さまのサポートを全面的にしたいと思っています。」とのお言葉を賜り、「私は皆さんと一緒にこのExpoを成功させ、更に友好関係を深めて行ければと願っています。皆様の日々の働きと協力に感謝しています。」との身に余るお言葉も賜りました。

およそ90分にわたって大使閣下のお話を賜り、我が国との友好親善・相互理解に対する想い、アジアの平和と安定、そして人々の安心、大使閣下のご信念を拝して、私たちの多くの目には涙があふれていました。

私たちは、この大使閣下のお言葉を拳拳服膺して、フィリピンエキスポの開催を通じた日比友好親善の活動に邁進していく決心をいたしました。

ホセ・C・ラウレル五世閣下に対し、私たちは深く感謝いたしますとともに、心からの敬意を表します。

On December 12, 2018 we, the Philippine Expo Committee went to the Philippine Embassy to meet with His Excellency Jose C. Laurel V, The Ambassador of the Republic of The Philippines. First Secretary and Consul Ms. Charmaine A. Serna-Chua were also in attendance.

In attendance on behalf of the committee was Mr. Suzuki (Chairman), Mr. Masuoka (Vice-Chairman), Mr. Kuroki (Executive Director), Mr. Katsumata (Member), Mr. Fujita (Member) and Ms. Kondo (Marketing Executive).

During the hour and a half, His Excellency spoke of the history of his family roots, their close ties with Japan and the building of the spectacular relations we currently enjoy. In particular, he spoke of his grandfather The Honorable Jose P. Laurel who was the President of the 2nd Republic of the Philippines. He also spoke of his father, the Honorable Jose S. Laurel III, who was the sent to Japan and became the first Filipino to be admitted to the Imperial Military Academy and returned to Japan as Ambassador of the Republic of the Philippines.

His Excellency spent a part of his childhood in Japan, accompanying his father and at this time mastered almost perfectly the Japanese language. He not only mastered the language but also furthered his knowledge of the Japanese Culture and people. With this world of knowledge and understanding he held various roles within Philippine-Japan organizations such as being appointed as the Chairman, Executive Committee, YKK Philippines, Inc.; Chairman, Toyota Batangas City; Chairman Board of Trustees, Philippines-Japan Friendship Foundation and many more organizations which tie our two countries together.

His Excellency pointed out to us that he grew up in a multi-cultural environment and it was natural for him to devote his adulthood life in contributing to improving relationships through Politics, Law and the Society. However he feels that it is time for him to devote his knowledge and time to the peace of mind of the Filipino citizens. He was appointed to the be the Ambassador at a perfect time in his lifetime as we start into a new era and with his world of knowledge and understanding the relations of our two countries can see a brighter future.

His Excellency shared a little insight on his thoughts of what is needed to ensure lasting cordial ties between the Philippines and Japan. Mutual respect and understanding. These two are the keys to a prosperous relationship not just between the Philippines and Japan but all countries. We must respect each other and take the steps to understand each other. A big key to this are the “halfs”, these individuals are exposed to both countries culture and way of thinking therefore have a strong understanding of each country. His Excellency expressed that these young individuals are a big key to the continued good relations of our two countries and look forward to their accomplishments.

In closing His Excellency expressed his strong desire to contribute to the peace of mind of just not the Filipino but to the Japanese as well. In doing this we all needed to take the time to better understand each other’s culture and set of mind. With this in mind he stated that he would assist the Philippine Expo to the extent he is permitted and hopes that we can make this Expo a success and further strengthen our two countries relationship.

We took all the knowledge gained and thought through what we could do to contribute to his vision and came to the conclusion of ensuring to make the 2019 Philippine Expo as well as all other future events as successful as possible strengthening the relations of our two countries.

We would like to express to His Excellency our gratitude for all his contributions and support in furthering the Philippine-Japan Friendship that we enjoy today.

 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ